器質性便秘

便秘のほとんどが生活習慣と大きく関わっているもので、生活習慣の乱れが便秘を引き起こすと言っても良いでしょう。しかし、便秘の中にはその生活習慣の乱れが原因ではない便秘もあるのですが、みなさんご存知でしたでしょうか?

器質性便秘便秘の種類として多いのが機能性便秘と呼ばれる便秘で一般の人が便秘と呼ぶのはこの機能性便秘です。しかし、この機能性便秘ではなく、器質性便秘と呼ばれる便秘が存在しており、この器質性便秘は胃や肛門などに疾患を抱えている方でそれが原因となって便秘を引き起こして方のことを指します。この器質性便秘は通常の便秘とは違って改善方法としては病院に行って医者に診てもらわない限り改善はしません。

主な症状として便秘以外に吐き気やおう吐、腹痛などさまざまな症状が併発して起こる場合があります。便秘だからといって放置などはせずに一刻も早い治療が必要なのです。万が一、放置をしている場合、重大な病気を患っている可能性もありますので、便秘になった方で通常の便秘とは違った症状を引き起こした場合にはこの器質性便秘である可能性が高いです。このように便秘と言っても全ての便秘が生活習慣と連動して発症するわけではありませんので、違う症状が出た際には必ず病院に行くのも非常に大事ではありますが、正しい生活習慣を保つことで、器質性便秘や他の病気を発症するリスクを少なくするという予防に繋がりますので、どちらにしても生活習慣は乱さないようにできる限り注意しましょう。

便秘の原因

生活習慣と密接な関係性を持っている便秘ですが、便秘はほぼ全てこの生活習慣の乱れがきっかけで引き起こす病気と考えて良いでしょう。生活習慣と言っても人それぞれあるかと思いますが、食生活や運動不足はもちろんのことストレスが原因で便秘を引き起こすこともあります。改善方法としてはいたって簡単でその生活習慣を直すことです。しっかり一日3食バランスよく食事をして、運動も適度に行い、常に心に余裕を持ってリラックスした状態であれば便秘になることはありません。

水分しかし、こう簡単に言うものの今ではなかなか改善が難しく、理由もさまざまです。便秘が女性に多い一つの理由としてダイエットが挙げられます。ダイエットと言っても極端に食事の量を減らすなど過度なダイエットはやはりNGです。そして水分を摂取しないということも便秘の発症を引き起こす原因です。水分を摂取しないことにより便が腸内で硬くなってしまい、排便がされにくくなってしまうのです。そうした状況が続くと身体だけではなく、精神的にもストレスを抱えてしまい更に便秘の症状を長引かせてしまうのです。

便秘の改善方法は非常にシンプルで簡単なことのように思えますが、今では人間の欲望など生活習慣を乱すものが溢れてしまっており、なかなかその生活を正すことができない人が多いと言えるでしょう。

機能性便秘

便秘便秘と聞いてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか。便秘は便秘になった人にしかその辛さは分からず、なかなか便秘になったことがない人には理解されにくい病気です。そんな便秘ですが、総称して便秘と呼ばれているだけであって、専門的に言うと機能性便秘と呼ばれています。

この機能性便秘とは主に生活習慣や食生活の乱れが主な原因で、解消方法はとてもシンプルで生活習慣を改善するという方法です。この機能性便秘ですが、この中にも機能性便秘は3つに分けられており、その一つが弛緩性便秘と呼ばれる便秘です。

弛緩性便秘は腸の筋肉が衰えて起きることがほとんどですので、筋肉が弱い女性や高齢者に多く見られるのが特徴的です。便秘イコール女性という認識が強いかもしれませんが、女性に便秘が多い理由としてはこの弛緩性便秘を引き起こしやすいということが言えるでしょう。

次に痙攣性便秘です。この便秘は自律神経の乱れによって起きる便秘で、原因としては極度な精神的ストレスによって引き起こされます。腸が痙攣することで通常よりも激しく腸が活動し、逆に腸内環境を崩してしまうのです。

最後は直陽性便秘です。この原因は仕事などで排便をしたくてもできない状態にあり、日常的に排便を我慢している人に多く見られる原因です。この直陽性便秘では腸には全く問題がありませんが、排便を我慢することで今まで正常にできていた排便ができなくなってしまうという事態に陥ってしまうのです。

生活習慣と便秘について

大人の方だけでなく今は子供でも生活習慣の乱れから生活習慣病を引き起こしてしまうほど、この日本という国は生活が非常に乱れているということがお分かりだと思います。そんな生活習慣ですが、どんなことが生活習慣の乱れに繋がっているのでしょうか。

原因基本的に大人でも子供でも生活習慣が乱れる原因として食事や運動不足といったことが挙げられます。食事であれば、野菜を摂取しなかったり、外食が多くついつい濃い味が好きだったりなど多々あります。このような食生活の乱れは一時的であれば人間の体は優秀ですので特に人体への影響はありませんが、このような食事を長い期間で続けてしまうと肥満などに繋がり、生活習慣病といった病気にかかってしまうのです

運動不足では、大人の場合、どうしても仕事が忙しいなどなかなか運動する時間を取れず、ましてや事務職であればデスクワークがほとんどですので、営業職などと違って歩くこともあまりないです。運動は1週間に2~3回30分程度することで生活習慣病の抑制に繋がりますので、この時間を目安に心掛けると良いでしょう

また、運動不足により引き起こすのは生活習慣病だけではありません。運動不足ということは体の筋肉をほとんど使っていませんので筋肉がどんどん衰えているということです。筋肉が衰えることで、体内の機能にも障害を起こし便秘になってしまうというケースが多いです。今まで腸内環境がよく便秘にかかったことがない人でも筋肉が衰えるということは腸内環境がスムーズに働かなくなるという意味と同じです。このように生活習慣の乱れは体にとって何一つ良いことはありませんので、ご自身で生活習慣が乱れているかなと感じた場合はすぐに改善を行って下さい。

関連HP / http://xn--68jay1df5gy31z519br8wawga868n.com
便秘情報を掲載している“私の便秘は解消しました。”です。