器質性便秘

便秘のほとんどが生活習慣と大きく関わっているもので、生活習慣の乱れが便秘を引き起こすと言っても良いでしょう。しかし、便秘の中にはその生活習慣の乱れが原因ではない便秘もあるのですが、みなさんご存知でしたでしょうか?

器質性便秘便秘の種類として多いのが機能性便秘と呼ばれる便秘で一般の人が便秘と呼ぶのはこの機能性便秘です。しかし、この機能性便秘ではなく、器質性便秘と呼ばれる便秘が存在しており、この器質性便秘は胃や肛門などに疾患を抱えている方でそれが原因となって便秘を引き起こして方のことを指します。この器質性便秘は通常の便秘とは違って改善方法としては病院に行って医者に診てもらわない限り改善はしません。

主な症状として便秘以外に吐き気やおう吐、腹痛などさまざまな症状が併発して起こる場合があります。便秘だからといって放置などはせずに一刻も早い治療が必要なのです。万が一、放置をしている場合、重大な病気を患っている可能性もありますので、便秘になった方で通常の便秘とは違った症状を引き起こした場合にはこの器質性便秘である可能性が高いです。このように便秘と言っても全ての便秘が生活習慣と連動して発症するわけではありませんので、違う症状が出た際には必ず病院に行くのも非常に大事ではありますが、正しい生活習慣を保つことで、器質性便秘や他の病気を発症するリスクを少なくするという予防に繋がりますので、どちらにしても生活習慣は乱さないようにできる限り注意しましょう。